トップ > コラム > 日本一の藍の生産地はどこか知っていますか?

ブログ 藍徒然日記~藍を愛するスタッフによる藍情報満載ブログ!

日本一の藍の生産地はどこか知っていますか?

2017年2月3日 /

皆様は藍の生産地を知っていますでしょうか?

案外身近でも栽培されているんですよ。

その中でも本日は日本一の生産地をご紹介したいと思います。

 

藍には様々な種類がありますが、『藍の靑汁』の原料は、一年草のタデ藍。

原産地は中国やインドシナ半島と言われており、日本には6世紀以前に伝わったとされています。

平成24年度の日本国内の藍の収穫量1位は徳島県。

2位の北海道を圧倒的に引き離しています。

が、タデ藍の収穫量は年々減少しているのも事実。

そんななか、食用のタデ藍を生産している農家の皆さんは、日々栽培に励んでくださっています。

 

『藍の靑汁』は、農家の皆さんの努力の結晶が詰まった、贅沢な逸品なのです。

gurahu

※あくまで平成24年のデータです。

最新情報が解禁されましたらまた皆様にご報告いたしますね^^