トップ > コラム > ジャパンブルー

ブログ 藍徒然日記~藍を愛するスタッフによる藍情報満載ブログ!

ジャパンブルー

2017年5月12日 /

サッカー日本代表は色鮮やかな藍色のユニホームを着ています。

何故日本の代表色として藍色が用いられたのでしょうか。

そして、何故「ジャパン・ブルー」と呼ばれるのか…

皆様はその由来を知っていますか?

 

明治初めに来日したイギリス人科学者、ロバート・ウィリアム・アトキンソンが、

町に訪れた際あちこちに見られる藍色を

「ジャパン・ブルー」と呼び賞賛したことからだそうです。

開国後、来日した外国の人たちは藍色の美しさに大変驚いたそうです。

のれんや半纏、着物など、明治時代の日本には藍があふれていて

その光景はとても綺麗な事だったでしょう。

 

今では「サムライ・ブルー」などという呼ばれ方もしていますよね。

サッカー日本代表のチームカラーの「ジャパン・ブルー」は、

明治時代から使われていた歴史深い言葉なのです。