トップ > コラム > 藍は愛を語る和歌にも登場しています

ブログ 藍徒然日記~藍を愛するスタッフによる藍情報満載ブログ!

藍は愛を語る和歌にも登場しています

2017年5月12日 /

 

日本の文化を象微するものとして

和歌や小説、歌舞伎にまで藍は登場しています。

日本人の生活の一部であった藍は、

さまざまなかたちで文学のなかに取り入れられています。

藍は「愛」や「会う」の掛詞として、和歌に使われています。

かつて藍の本場でもあった播州飾磨地方では、和歌に藍が度々登場していたのだとか。

染めるほどに濃くなる藍の色は、深まる愛になぞられていたのですね。

 

「いとせめて恋しき時ははりまなるしかまにそむるかちよりぞくる」

(金葉和歌集)

 

「播磨なるしかまに染むるあなかちに人を恋しとおもうころかな

(詞花和歌集)

 

「はりまなるしかまの里にほすあいのいつかおもいの色に出づべき」

(夫木和歌集)

 

 

他にも調べてみるとたくさんの和歌に含まれていました。

みなさんも是非調べてみて下さい。