トップ > コラム > 日本の衣食住との深い関係

ブログ 藍徒然日記~藍を愛するスタッフによる藍情報満載ブログ!

日本の衣食住との深い関係

2017年4月28日 /

 

古来より親しまれてきた藍。

 

本日は日本の衣食住と藍がどんな関係を築いてきたのか

少しお話させて頂こうかと思います。

 

藍といえば藍染め。

藍染めは色の美しさはもちろん、

生地を染めることで糸が強くなり、防虫効果にもつながります。

防虫効果に関しては▼こちらのブログ▼をご覧ください。

藍は防虫効果バツグン!!

 

江戸時代に木綿糸の量産が可能になると、

衣料のほか、手ぬぐい、布団カバー、のれんなどの生活雑貨まで、

幅広く藍染め製品が登場するようになりました。

藍独特の美しい発色を活かし、

焼き物や藍蝋(藍染めの布を煮詰めて棒状にした、絵の具)藍墨などで、

日本や生活用品などの文化と深く関わってきた事がわかります。

藍色は日本人の生活にとって馴染みのある色、

なくてはならない相棒だったのです。