トップ > 藍を訪ねて > 徳島産の藍を求めて北海道へ

ブログ 藍徒然日記~藍を愛するスタッフによる藍情報満載ブログ!

徳島産の藍を求めて北海道へ

2017年4月26日 /

 

徳島産の藍を今に継承する場所。

それが北の大地、北海道!!

南は沖縄、北は北海道まで藍のあるところならどこまでも旅を続けます。

 

この日は素晴らしい藍色の空が広がりなんとも藍探索日和。

北海道の広大な大地に広がる青空はなんとも綺麗なものでした。

 

今回訪問したのは、北海道の伊達市。

皆様はご存知でしょうか?

実はタデ藍の収穫量日本一の徳島県に次いで、2位北海道。

それも伊達市藍農家である篠原家だけで、なのです。

 

北海道における藍の栽培の始まりは、1874年(明治7年)に遡ります。

当時北海道への入植者が徳島産の藍を持ち込み、

徐々に道内各地で栽培がおこなわれていったそうです。

札幌市の北区にある「あいの里」という地名もその昔、

藍の栽培が盛んだったことに由来するそうです。

ただ、現在まで藍栽培を継承するのは先の篠原家のみ。

 

そしてみてくださいこの素晴らしく広がる藍畑の美しさ。

 

こちらは篠原さんの藍畑。

手に入れた情報を元に実際に見学しに行ったのですが、

なんとも北海道らしい青空が映える絶景。

まさに至福のひととき……。

現地の皆様は、突然の訪問にも関わらず畑仕事の手を留めて

楽しいお話をたくさんして下さいました。

 

そして、伊達市の「藍工房黎明観」に到着。

「藍工房黎明観」さんでは藍染め体験も可能です。

ハンカチやストール、Tシャツなどオリジナルの藍染めアイテムを

ご自分で作られてみてはいかがでしょうか?

当日は、海外からのお客様も多数、藍染め体験をされていました!

伊達市にお立ち寄りの際は是非とも挑戦してみて下さいね。