トップ > 藍を訪ねて > 出雲織と藍の栽培畑レポート

ブログ 藍徒然日記~藍を愛するスタッフによる藍情報満載ブログ!

出雲織と藍の栽培畑レポート

2017年2月27日 /

 

おはようございます!!

本日は藍を訪ねて…

島根県安来市にお邪魔した際のレポートをしたいと思います。

どうですか皆様!!この藍畑…

 

出雲の地で、藍はすくすく育ってますね〜!

藍の葉はイキイキとし、太陽と土と水の恵みをうけ、輝いてます…

皆さんも『藍の靑汁』を飲んで、藍畑からの恵みのパワーを是非感じてください!

 

藍の靑汁を生産しているのは、出雲織の聖地と言われている、

島根県安来市にある「出雲織・のき白鳥の里」。

こちらの「のき白鳥の里」では藍染めの様子も見学できます。

僕も見学してきました!!

藍色が色鮮やかですね… 美しい…

 

また、今も現役でハタ織りをしていらっしゃいます青戸柚美江さん

なんと出雲織の創始者と言われており、

同時に出雲で藍の栽培を始めた創始者とも言われています。

13人家族の切り盛りをしながら、ハタ織り、藍の生産に力を注いできたのだそう。

そんな青戸さんの技術は息子さん、お孫さんへ今もなお受け継がれています。

是非、皆様もハタ織り見学に参加してみては如何でしょう?

イキイキとした藍畑も「出雲織のき白鳥の里」から約10分の好立地です!

 

「出雲織 のき白鳥の里」島根県安来市沢町317-1

WEBサイト:http://www.yasugi-kankou.com